美白化粧品を使う意味とは?

美白の意味は、「肌を白くすること」ではなく、「白い肌を目指す」事です。
生れた時の肌の色より白くする事はできませんので、元の肌の色を保ったり、それ以上黒くならないように予防をするという意味なのです。
さらに、薬機法によりますと、美白は「メラニンの生成を抑えシミ、ソバカスを防ぐ」か、または「日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ」と言う表現しかできません。
そして美白化粧品には、厚生労働省によって定められた美白有効成分が配合されており、その成分が医薬部外品である必要があります。薬用でないのに「美白」と書かれている商品は、薬機法違反になります。

厚生省が認めた美白有効成分は、まず、肝斑の治療に使われるトラネキサム酸です。メラニン色素の合成を抑制するアルブチン、チロシナーゼの活性を抑えるコウジ酸、毛穴を引き締めたり、メラニン色素を還元するビタミンC誘導体、メラニンの生成を抑えるルシノール、肝斑の治療に配合されるマグノリグラン、メラニンを抑制したり、ターンオーバーを改善する4MSK,その他、エラグ酸、リノール酸、カモミラET、プラセンタエキスとニコチン酸アミドがあります。

美白化粧品を使用する意味は、紫外線に当たり、メラニンができ、それがきれいにターンオーバーしなければシミやそばかすになりやすいので、その予防をするという意味です。
紫外線が強いのは、夏より春先です。春先には、しみ、そばかすを増やさないようにするには、日常的に日光に当たらないことが大切です。
使用している美白化粧品が合わないなと思うと、医薬部外品である成分を確かめて別の美白化粧品を使いましょう。
そして肌に合った美白成分を含む美白化粧品を美白化粧品ランキングから見つけましょう。